家族の幸せ住宅研究会 轄オ峨ガスセンター ナイスホーム
京都府・京都市(右京区・上京区・北区・左京区・下京区・中京区・西京区・伏見区・東山区・南区・山科区)の建替・新築・リフォーム・不動産・ガスの会社



私たちは住宅棟数や賞を競い合うような家づくりはしておりません。
一軒一軒、丁寧に手づくりの家をつくり続けています。
でも賞をいただくのは決して悪い気はしません。
表彰のご報告をさせていただく事によって、私たちをかわいがってくださる
たくさんのお客様に喜んでいただくことが出来ます。
それが何より私たちは嬉しいのです。



京都に避難された方への活動が京都新聞で紹介されました。



新聞記事では分かりにくいので京都新聞電子版より抜粋いたします。


『京の避難者にぬくもりを  NPOやガス会社 暖房機を無償提供

避難者宅に届けるため、解体整備されるガスファンヒーター(京都市右京区)
平成23年12月18日 京都新聞より

東日本大震災や福島第1原発事故による京都への避難者に冬を暖かく過ごしてもらおうと、
ガス器具販売会社やNPO法人が整備済みのガス暖房機を無償で届けている。
「底冷えがつらい」との避難者の声に応じた取り組みで、設置希望者を募っている。

避難者の中には夫と離れて母子で京都に移り住んだ人が多く、二重生活が家計を圧迫している。
寒くなるに従い、暖房器具が欲しいという声が、京都災害ボランティア支援センターや避難者が集う
「福興サロン和(なごみ)」(下京区)に寄せられていたという。避難者の要望を受け、
右京区のガス販売会社「嵯峨ガスセンター」が、下取り後に貸し出し用として保管していた中古品のガスファンヒーターの提供を決めた。

解体整備して長期使用に耐えられると判断した製品をボランティアが避難者宅に運び、取り付けている。同社の中村晃三社長(50)は「足りない支援を、得意分野で補いたい」と話す。


京都で暖かい冬を迎えて下さい。



東北関東大震災被災者の皆さん 負けないで!

この度、東北関東大震災の被害にあわれたみなさん
心よりお見舞い申し上げます。

大変大きな犠牲と惨事を目のあたりにして、
改めて日々の平穏に暮らせる幸せに感謝します。

私たちにも何か出来ることは無いかと考え
メンバーから救援金を募り京都新聞を通じ

救援金 ¥200,000-と 募金箱に入っていた¥9,266-を
被災地へお送りさせて頂きました。

ご家族のご無事と早期復興をお祈りしております。



 『全国優良工務店101選』に掲載される!

全国優良住宅協議会が選んだ全国優良工務店101社に選ばれ、
本に掲載されました。



京都市市民憲章推進者 市長表彰を
京都市長から受ける!

当社の地域活動が認められ、京都市長から表彰を受けました。
京都新聞にも掲載されました。



京都市市民憲章推進者 区長表彰を
右京区長から受ける!

当社の地域活動が認められ、右京区長から表彰を受けました。
当社が毎年行っている嵐山空き缶拾いハイキング



安全運動活動で、
京都府警から金賞を受ける!




当社のやり方が認められ
最優秀賞ビジネス賞を受ける!

全国の数ある会社の中で
当社が選ばれました。



サッシトップメーカー
トステムより表彰を受ける!




水まわりのトップメーカー
TOTOより表彰を受ける!




現、会長が社長時代 中村のブログが専門誌に載る!

社長の中村がブログで本音を語る?!
うわさの社長 中村のブログはこちら








 

Copyright (C) SAGAGAS CENTER Co., Ltd. All Rights Reserved.
ブログ 社長の独り言